茨城県水戸市の身体バランス整体・瀬戸島研究所(腰痛・肩こり)

本文へジャンプ
 

   瀬戸島 義弘

ニツクネ−ムからだなおし

職業   治療家

治療所開設  27年目


腰の痛み、腰痛、ぎっくり腰
頭痛、肩こり、膝痛、諸関節痛でお悩みの方の健康整体とは身体のバランスを修正し体本来の働きに戻すことです腰の腰痛 腰の筋筋膜症 腰の捻挫腰部変形脊椎症 腰の堆間板ヘルニア 腰のすべり症などがあります。

腰椎椎間板ヘルニア症状について

腰から足先にかけてしびれや腰の痛みなどが筋力の低下などによりおきる。せきやくしゃみでも激痛がおこるため魔の一激と言われたりします。

脊髄神経(神経根)を圧迫するため、腰を曲げないと痛みで立っていられないほどの腰の痛みと下肢、足先の痛みがある前傾姿勢・イスに腰を掛けるのが辛く、横に寝ている楽になる。

原因 について

加齢によるり、体の筋肉の歪により背骨に予想以上の力がかリおきることが原因です。働き盛りの20歳〜30歳代の事務、運転、セールス、看護介護関係、家事などの人に多く見られます。

腰の痛み 腰痛 ぎっくり腰 について

症状と原因、対処方法は?

腰の痛み、腰痛,筋膜性腰の痛み症,ぎっくり腰の症状で腰に痛みがあり、内臓疾患でもなく、お医者さんで異常ありませんといわれることが多いい、中腰でものを持ち上げたり急に立ち上がろうとした時にギクット激しい痛みが走るつたリ 前にかがんだり長く座っていると時ジワ-と痛む など、寒いところで仕事をした時に、痛みだしたり、などがおもな症状 で突然の激しい痛みに襲われる。

重く鈍いような痛みが続き、慢性の腰の痛み いわゆる、ぎっくり腰で筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れ不用意に体をひねった、重いものを中腰で持ち上げたり前傾姿勢をとった時などに起こしやすく、長い時間同じ勢、筋肉疲労、女性では生理の時に骨盤や背骨の靱帯が緩んで、腰の痛みが起こる場合もあります。

運動不足、肥満、全身の疲れなどにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起す。これはからだ全体の筋肉バランスの歪によりおきてますでバランスを整えると軽く楽になります。





トツプペ−ジ.トツプペ−ジ.茨城県水戸市の身体バランス整体・瀬戸島研究所(腰痛・肩こり)


●腰痛と関節痛,腰痛と膝痛,腰痛と変形性膝関節症

関節痛とは体を動かすと、関節部におこる痛み。

熱ぽいとき、からだの節々に痛みがでた状態を、
関節痛といいます。(骨と骨の間の関節のこと)
この関節は(関節包)という袋に覆われていて、この関節包は
(滑膜)と言う膜で出来ていてここから(滑液)という関節を滑らか
に動かす潤滑油が出てて、この(滑膜)と(滑液)の働きにより
関節はスムーズな動きをすることができます。

日常生活で関節痛を感じている方は、腰が約80%位
膝は約70%位のほとんどの方がが関節痛の痛みを感じています。

中高年に多い関節痛には、病気が隠れている可能性があります。
(ぜひお医者さんに診ていただいてください)

動かしてでる痛みと、静かにしていても出る痛みと関節の痛み
方にはあります、その一つが骨と骨の間にある関節軟骨です。

関節を動かした時に痛む場合は原因はここです。
関節軟骨には血管や神経は通っていませんし、組織を造るる
栄養素は血管を通して送られますから、関節軟骨は再生が
ほとんどされないとても弱いものなのです。
そのため関節軟骨には老化の影響がモロニでやすい。

年をとるにつれて関節軟骨は大きく変化していくのです。
経年変化ですりへってガタが来てしまうのです。
 


●腰痛と関節の痛み

関節を動かした時に痛みがでる  老化や肥満による場合。

変形性膝関節症など じっとしていても関節に痛みが出やすい。

関節リウマチなど 関節痛が起きやすいタイプ
関節痛になりやすいタイプは、O脚気味の方、肥満気味の方、
O脚気味の方は 関節の内側面に7割位の負担が集中しやすく、
関節軟骨に大きな負担がかかりやすくなつてます。

肥満気味の方 体重の増加は膝にの大きな負担がかかりやすくます。

高齢の方は関節を支える筋肉が弱いため、関節が不安定になりやすい。

これらを簡単に現すと永年の生活の習慣により体のバランスの歪に
より連動的にその部分に弱さが集中してますのでバランスの修正を
しますと悩みが軽減、解放されやすくなります。








トツプペ−ジ.トツプペ−ジ.茨城県水戸市の身体バランス整体・瀬戸島研究所(腰痛・肩こり)

     





身体バランス整体
瀬戸島研究所
 電話 029-246-0867
茨城県水戸市東野町159-2